結婚式の段取りなどは全て私が行うことに

環境の変化やストレスにより、一緒にパチンコ屋さんに行く日もあり、ダラダラした生活を送っていた私たちですが、一緒に住み始めた年の4月の事です。

私は職場の窓口勤務でしたが、完全デスクワークの人事部へ異動になりました。

人事ということで責任の重い仕事や残業、土日勤務もあり、完ぺき主義の私は、仕事も家事も、妻も、全てを完ぺきにこなすことが出来ずに徐々に心を崩していきました。

そんな余裕の無くなってきた頃、結婚式の話がありました。

私の住む地域では、400人規模の結婚式が当たり前で、親戚や友人はもちろん、職場の同僚、上司、両親の会社の人や、友達の友達など、広く招待状を出さなければいけません。

まずは、招待状を出す名簿作り、同時に式場の確保や衣装決めなど、決めることも沢山あり、また私の部署は当時土日勤務がありましたので、スケジュールはカツカツでした。

平日も定時の勤務を終えた後、連日次の日になってから帰る、そのあと結婚式の事を寝る時間を削り考えていました。

辛い思いをしている時こそ忘れないのが、そこで夫は自分から何も協力してくれず、私がどうしても詰まったところ、指示のあるところだけ面倒くさそうな顔をしてやるのです。

日頃温厚だと自負していますが、この期間は本当に余裕もなく、辛くあたっていたと思います。

式場や名簿作りが終わったら、式場側が出してくれた招待状の返信を受けとり、席順を決めていきます。

この席順も私が決めました。

夫側の事などあまり分からずに作成していましたので、全て作り終わって見た夫から「この人はここじゃない。こっち。この人とこの人は別にして」など上から言われたのを覚えています。

初めから任せると投げ出さずに一緒に作ってくれたら良かったのにと思いましたが・・・。

さて、愚痴沁みてきましたので、話を戻します。

そんな寝る暇も、余裕もない生活を送っていた私ですので、4月に異動になってから、数か月で心のバランスを崩してしまいました。

当時の職場の皆さんには多大なご迷惑をおかけしたのですが、ある土日をきっかけに全く外に出られなくなってしまいました。

それは、余裕のない心状態もギリギリの私の横でゆったりゲームをしている夫を見た時です。

私は何の為に何を頑張ってこんな思いをしているのか、急に分からなくなりました。

おすすめの記事