住まい探しから苦労した私たち

結局、結婚資金0円のまま結婚をすることとなった私。

今回はお金の事はあまり触れませんが、今後の借金地獄への階段を上り始めたお話ですので、是非ご覧ください。

【私の婚約状態その1】

前回、無事に(?)プロポーズを受け、結婚をする運びとなった私ですが、まだまだ考えることは山積みで、これから一緒に住むこと、結婚式を挙げるかどうかなど話し合いは続いていくのでした。

まずは、お互いの両親に結婚する報告をしにいきました。夫は実家暮らしだったため、私はお付き合いをしていたころから時々、夫の実家へ遊びに行っていました。

お義母さんもご家族もとても好印象を持ってくれており、仲良くしてくれました。

ですので、夫側の両親への結婚報告については、スムーズに受け入れてもらい、一緒に暮らそうとまで言われました。個人的に、気を使ってしまう性格でしたので、他に誰かと一緒に暮らすことは
考えていませんでした。

夫側のご両親への挨拶を済ませ、私の実家へ行きました。

何度かあったことはあったのですが、私の両親は真面目で真剣に考えてくれる両親でしたので、夫の話を聞いて「結婚ではなく、まず友達になったという挨拶からだよ」と一蹴しました。

ですが、諦めずに何度も話をし、夫もなんとか結婚を許してもらいました。

後から聞いたのですが、両親は第一印象を「何も特徴のない男性」と言い反対をしていたそうです。

お付き合いをしていた私には当時、あまり理解できないことでした。

無事に結婚を認めてもらい、次に一緒に住むかどうかの話をしました。

私は実家を出てからずっと一人暮らしをしていましたので、その部屋に一緒に住もうと提案したのですが、その部屋はなかなか古めの部屋で、アレルギーもちだった夫には厳しいということになり、新しい住まいを探すことになりました。

ですが、住まいにかけるお金を最小限にしたかった私、アレルギーもちで古い部屋は厳しい夫。

新しい住まいを探すところからつまづく私たちなのでした。

当時は1LDK にて一人暮らしをしていたのですが、将来のことも考え、2LDK の物件を探すことになりました。

ですが、そう簡単に2人の思いと家賃が合致する物件が見つかるはずもなく、時は過ぎるのでした。

おすすめの記事